くしゃみと咳
ここではぎっくり背中の原因となる、くしゃみと咳について詳しく説明していきます。

ぎっくり背中の原因として、意外と多いのがくしゃみと咳です。くしゃみや咳などの体が勝手に反応して起こる不随意運動、いわゆる反射と言われる動作では自分が意識的に我慢しようとしても我慢できるものではありません。


sponsored link



特にくしゃみについては思い切って大きくすることによって、気持ち良いなど一種の満足感を得られる場合もあるので男性の場合はわざと大きく起こしがちです。

くしゃみや咳をする際には一瞬大きく息を吸います。人によっては背中を仰け反るほど大きい動作を起こすこともあるでしょう。この時の動作が大きくて急なほど、胸部にかかる負荷は大きくなります。そしてこの時の衝撃が背中の筋肉や筋膜を傷付け、ぎっくり背中を起こしてしまうのです。

また、ぎっくり背中を起こした後の治療中には、くしゃみや咳がさらに危険なものとなります。最も再発を起こしやすい上に体が勝手に反応してしまう反射運動ですから、それ自体を抑えることも出来ないので非常に厄介です。
くしゃみや咳が出る場合は、出来るだけ動きを最小限に抑えて、ぎっくり背中が悪化しないよう注意しましょう。

sponsored link



このページを読まれた方は、次のページもよく読まれているのでオススメです。

⇒ 寝違え

⇒ 急な運動

⇒ 重い荷物

⇒ 【ぎっくり背中.com】TOP




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
gikkurisenaka★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。