寝違え
ここではぎっくり背中の原因となる、寝違えについて詳しく説明していきます。

「寝違え」または「寝違い」とは、寝ている最中に無理な姿勢などが原因で、持続的な衝撃が頸部や背中の肩甲帯部に加えられることで筋肉の炎症が起きた状態の事を指して言います。


sponsored link



長時間寝転んで本を読んでいると、首が固まった感覚がしたり、腕が固まった感覚があるのと同じ要領です。寝違えを起こすと、筋肉が炎症を起こして硬直しているわけですから痛みが発生したりそれ以上曲げられなくなってしまいます。

通常であればぎっくり背中にまで至ることは少なく軽い寝違えで済むのですが、ぎっくり背中は寝違えを起こしたときにも起こることがあります。特に寝返りをした時に無理な態勢が続くことで筋肉の緊張状態が続いた上で、また寝返りをした時の急な動作で筋膜が損傷してしまうものです。

またぎっくり背中になると、睡眠不足にも陥りやすくなります。寝ている間の寝返りで痛みが走ることがありますし、それが気になって安心して眠ることが出来なくなってしまうからです。こうなると日常生活にもかなり支障を来たしてしまうでしょう。


sponsored link



このページを読まれた方は、次のページもよく読まれているのでオススメです。

⇒ 急な運動

⇒ 重い荷物

⇒ くしゃみと咳

⇒ 【ぎっくり背中.com】TOP




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
gikkurisenaka★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。