対処法と応急処置
ここではぎっくり背中の対処法と応急処置について、詳しく説明していきます。

ぎっくり背中は突然やってくるものです。突然起こってしまったぎっくり背中にはどのような処置を行って対処するのが正しいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。


sponsored link



まず応急処置の基本として有名なのが「RICE処置」です。どのような怪我にでもおよそ適用できる処置の英語の頭文字を取った用語で、
◆R=Rest(安静)・・・受傷後は無理に動かしたりせず、出来るだけ動かず安静にします。
◆I=Ice(冷却)・・・アイシングです。患部の炎症と腫れを抑える為、氷やコールドスプレー等を用いて冷やします。
◆C=Compression(圧迫)・・・患部を圧迫することによって、腫れや内出血を抑えます。
◆E=Elevation(挙上)・・・心臓よりも高い位置に患部を挙上します。心臓から送られてくる血液を重力に逆らうことで減らす目的があり、腫れや炎症を抑えます。

これら4つの基本的な処置の頭文字を取って「RICE処置」と呼びます。これが応急処置の原則と言われています。これら4つを適正に施すことで、その後の回に大きく影響を与えることが出来ます。
ぎっくり背中の場合でも同様の事が言えます。基本的に背中を上にしてうつ伏せになって安静にし、患部には冷湿布や氷嚢などを使用して十分に冷やすことが重要です。

またよく勘違いされるのが、筋肉が固まったと思われてほぐそうとマッサージをすることです。肩こりなど慢性的なものに対しては血行を良くするためのマッサージは有効ですが、ぎっくり背中に至っては全く逆効果となります。
同様にお風呂にしっかり浸かったりお酒を飲むなど、血行を良くするものは受傷後しばらくは必ず控えるようにしましょう。


sponsored link




このページを読まれた方は、次のページもよく読まれているのでオススメです。


⇒ ぎっくり背中の治し方

⇒ ぎっくり背中の予防


⇒ 【ぎっくり背中.com】TOP




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
gikkurisenaka★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。