急な運動
ここではぎっくり背中の原因となる、急な運動について詳しく説明していきましょう。

ぎっくり背中の主な原因として、日頃の運動不足が挙げられます。日頃から運動不足だと、筋繊維の伸縮性が弱く筋肉が固い状態となります。


sponsored link



輪ゴムを思い浮かべてみると分かり易いと思いますが、使い慣らした柔らかい輪ゴムだと多少力強く引っ張っても切れませんが、使っていない硬くなったゴムは力を入れて引っ張るとすぐに千切れてしまいます。
このように固まった状態の筋肉に対して急な運動による刺激を与えると、筋繊維がブチブチと千切れてしまいぎっくり背中が起こってしまいます。筋肉も輪ゴムと同様で、日頃から使っていないと固くなってしまい少しの力でも損傷を受けやすくなってしまうのです。

また、急な運動の中でも特に体を捻る運動を行うことが、ぎっくり背中を起こす要因となります。例えばテニスやゴルフなどの腕を使って体を捻る動作が多いスポーツでは、準備運動をして筋肉をほぐしておかないとぎっくり背中を起こしやすくなります。
運動の前はウォーミングアップ、しっかりとした準備運動を心掛けましょう。


sponsored link



このページを読まれた方は、次のページもよく読まれているのでオススメです。

⇒ 寝違え

⇒ 重い荷物

⇒ くしゃみと咳

⇒ 【ぎっくり背中.com】TOP




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
gikkurisenaka★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。