ぎっくり背中の予防
ここではぎっくり背中の予防について、詳しく説明していきます。

ぎっくり背中はぎっくり腰と同様、再発をしやすいのが特徴です。ぎっくり背中は筋肉や筋膜の損傷によって起こるものですが、通常痛みは何週間何か月と長期に渡って続くものではありません。長くても2,3日経てば自然と痛みが引いてくるでしょう。


sponsored link



しかし、「痛みが引いた」のは「治った」ということではありません。これがぎっくり背中が再発しやすい一番のポイントとなります。一度経験した方は、今後は再発しないよう予防していくことが重要なのです。

ぎっくり背中を予防する方法としては、以下のようなものが挙げられます。
◆運動不足の解消
日頃から適度な運動をすることで、筋肉が固まらないようにする。
◆運動時のアップとダウン
運動前にはしっかりと準備運動、運動後にもストレッチを欠かさないようにする。
◆重い荷物の注意
手だけで持つのではなく、足や膝を上手く使うようにして持つようにする。
◆高い所の荷物の注意
足台や荷物の受け台などを用意して、肩を使って荷物を持つようにする。
◆姿勢の改善
猫背など日頃から姿勢が悪いと、ぎっくり背中を起こしやすくなります。姿勢矯正ベルトなどの装具を使うのも効果的です。


sponsored link




このページを読まれた方は、次のページもよく読まれているのでオススメです。


⇒ 対処法と応急処置

⇒ ぎっくり背中の治し方


⇒ 【ぎっくり背中.com】TOP




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
gikkurisenaka★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。